メスを使わない30分で終わるプチ整形!男性の老け顔・疲れ顔におすすめのヒアルロン酸施術を分かりやすく解説

「プチ整形」という言葉もすでに死語になっています。

最近は、美容に費用をかける男性が多くなってきました。

男性専用の美容クリニックが増えているので、以前よりも相談しやすい環境が整ってきているのもその要因の一つかもしれませんね。

例えば湘南美容クリニックでの2020年男性患者施術数は全国で677,172人で、1日あたり約1,885人の男性が美容施術を受けていた計算になります。全国に80院以上展開する湘南美容クリニックで1院あたり1日20人前後の男性がメンズ脱毛や美容治療に訪れていたのです。

出典・引用:湘南美容クリニック

Youtuberが本業になっていると言っても過言ではない宮迫さんが、雨上がり決死隊解散前にクマ取り(目の下のたるみ取り)の美容整形をしてそのビフォーアフターで話題になったのも記憶に新しいのはないでしょうか。

クマとたるみのせいでコンプレックスと薬物使用の疑惑が付きまといコンシーラーで隠していたそう。

出典・引用:宮迫ですッ!【宮迫博之】

宮迫さんが行った施術は切開が必要な整形手術でしたが、切開などの手術をせずダウンタイムがほぼない若返って見える施術がたくさんあります

宮迫さんはクマ取りと一緒にほうれい線に注入系の施術も受けています。

注入系の施術はダウンタイムが少ないので周りに気付かれにくいですが、効果はその場で実感しやすい場合が多いです。

出典・引用:宮迫ですッ!【宮迫博之】

この記事では男性向けにヒアルロン酸注入の美容施術について解説しています。

そもそもヒアルロン酸とは?ヒアルロン酸注入はどういう施術なの?

コンプレックス解消や若返りの施術にはクマ取りやボトックス注入などさまざまなメニューがありますが、特に注目したいのがヒアルロン酸の注入です。

“美容施術のヒアルロン酸”と聞くと、唇が分厚くする施術で『The 整形顔』になるというイメージを持っている方もいるかもしれません。女性に唇ヒアルが人気ですが、

  • シワを改善する
  • ほうれい線を改善する
  • 眉間のシワを改善する
  • おでこに丸みを出す
  • 鼻を高くする
  • 顎を出す
  • 涙袋をつくる

など様々な悩みに適用できる施術なのです。

年齢悩みであるシワやたるみを改善するだけでなく、まだまだ若い肌である20代30代の男性でもヒアルロン酸注入によりメリハリのある顔になることができます。

出典・引用:東京美容外科

 

男性でもヒアルロン酸注入を受けるケースは増えており、若返りを果たして喜んでいる人はたくさんいます。30代くらいからたるみ予防も兼ねて注入したり、40代以降の男性はしわが深くなってきたと感じて施術を受ける方も多いようです。

聖心美容クリニックのヒアルロン酸注入症例写真引用出典・引用:聖心美容クリニック

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とはもともと人体の中で合成されている物質のことです。そのため、ヒアルロン酸を注入したとしても人体に害はありません。

体内のヒアルロン酸量は年齢と共に減少していきます。

若々しい肌を保つためにはヒアルロン酸は必要不可欠な存在といえるのです。加齢によってヒアルロン酸を合成する能力が衰えていくため、肌のヒアルロン酸が不足して、コラーゲンが足りなくなることで肌にさまざまな影響が出てしまいます。

美容施術でヒアルロン酸注入をすることにより若返りを果たします。スキンケアといろいろと試したりするよりも、時短になり、効果の実感率も高いです。ヒアルロン酸にも種類があり、涙袋・頬・アゴや額など注入する部位に応じて適したヒアルロン酸を入れることになります。

湘南美容クリニック男性のヒアルロン酸注入施術例

出典・引用:湘南美容クリニック

ヒアルロン酸の施術とは

ヒアルロン酸は注入系の施術になります。

ヒアルロン酸は保水力に優れていて、1gで6リットルの保水力があると言われています。ヒアルロン酸を気になるシワに注入することで、注入されたヒアルロン酸が体内の水分を吸収して抱え込んで膨らむことによりシワになった部分を薄くしてくれる効果が期待できます。

施術を行う際には、皮膚の下に直接ヒアルロン酸の注入します。

注入されたヒアルロン酸が体内の水分を含み、くぼみを押し上げることで肌を平らにできます。ヒアルロン酸は注入すればすぐに効果を発揮してくれて、目に見えて効果をすぐ実感できるのが特徴です。

ヒアルロン酸注入によって治療直後からその変化を実感することができて長年男女問わずに人気の施術となっています。

注入したヒアルロン酸はどうなっていくのか

施術によって注入したヒアルロン酸は自然に体内に吸収されていきます。

注入するヒアルロン酸の種類にもよりますが効果の持続性は3~12ヶ月程度となっています。長くて2年くらい持続するというヒアルロン酸もあります。

永続的な効果を求める人にはおすすめできませんが、半年~1年に1回ほどの頻度で注入すると綺麗な状態を維持できます。1度の施術で一生効果が続くわけではないということを理解してヒアルロン酸施術を受けましょう。

半永久的ではないからこそ安全という言い方もできます。万が一、施術の結果が気に入らなかったり、副作用が発生した場合に除去ができる方が良いからです。分解注射をすることで取り除くこともできます。

種類特徴
ジュビダームビスタ
ウルトラプラスXC持続目安:半年~1年
アメリカの美容の老舗メーカー「アラガン」の製品で信頼性が高い製品の一つ。
日本国内で初めて厚生労働省の承認を受け、世界シェアNo1のヒアルロン酸。
ジュビダームビスタ
ヴォリューマXC持続目安:1年半~2年半
アラガン製で日本で承認される前から世界97国において承認されていた、優れた効果を世界で認められていたヒアルロン酸。より綿密な構造のヒアルロン酸になっていて、酵素分解されにくい性質が効果持続時間を長くしている。
ジュビダームビスタ
ボラックスXC持続目安:1年半~2年半
アラガン製で厚生労働省の承認を受けているヒアルロン酸のひとつ。アゴや鼻の形成などに使用されることが多い。リフト力と長期持続性がある。

部位にもよりますが、ヒアルロン酸注入が初めてという方はジュビダームビスタウルトラプラスXCがおすすめです。シワ・ほうれい線・涙袋などに幅広く用いられている厚生労働省承認品のヒアルロン酸です。

 

湘南美容クリニックのヒアルロン酸メニュー

SBCトップページ>FACE/SKIN 男性美容>若返り>注入>ヒアルロン酸

ジュビダームビスタ
ウルトラプラスXC
1本(1.0cc) 34,800円
2本(2.0cc) 65,000円
3本(3.0cc) 90,000円
ジュビダームビスタ
ボリューマXC
1本(1.0cc) 69,800円
2本(2.0cc) 124,000円
3本(3.0cc) 171,000円
ジュビダームビスタ
ボラックスXC
1本(1.0cc) 72,800円
2本(2.0cc) 138,000円
3本(3.0cc) 201,000円
マイクロカニューレ
(先が尖っていない針)
0円

※湘南美容クリニックでは他の種類のヒアルロン酸も扱っています。悩みや部位によって選択するヒアルロン酸の種類や注入量は変わりますので、詳しくはカウンセリングで医師とご相談ください。

湘南美容クリニック公式サイトはこちら


聖心美容クリニックのヒアルロン酸メニュー

ジュビダームビスタ
ウルトラプラスXC
1本(1.0ml) 71,500円
当日追加、1本につき 30,000円
ジュビダームビスタ
ボリューマXC
1本(1.0cc) 107,800円
当日追加、1本につき 38,000円
ジュビダームビスタ
ボラックスXC
1本(1.0cc) 107,800円
当日追加、1本につき 38,000円
pixL(ピクセル)カニューレ
(先が尖っていない針)
0円

※聖心美容クリニックでは他の種類のヒアルロン酸も扱っています。悩みや部位によって選択するヒアルロン酸の種類や注入量は変わりますので、詳しくはカウンセリングで医師とご相談ください。

聖心美容クリニック公式サイトはこちら


東京美容外科のヒアルロン酸メニュー

ジュビダームビスタ
ウルトラ
1本(1.0cc) 66,000円
ジュビダームビスタ
ボリューマXC
1本(1.0cc) 121,000円
ジュビダームビスタ
ボラックスXC
1本(1.0cc) 121,000円
マイクロカニューレ
(先が尖っていない針)
2,000円

※東京美容外科では他の種類のヒアルロン酸も扱っています。悩みや部位によって選択するヒアルロン酸の種類や注入量は変わりますので、詳しくはカウンセリングで医師とご相談ください。

東京美容外科公式サイトはこちら

ヒアルロン酸の注入量の目安
部位注入量の目安(両側)
ほうれい線
(浅いシワ)
1.0cc~2.0cc
ほうれい線
(深いシワ)
2.0cc~3.0cc
ゴルゴ線1.0cc~3.0cc
マリオネット
(口元)
1.0cc~2.0cc
アゴ1.0cc~2.0cc
涙袋0.4cc~1.0cc
額(おでこ)2.0cc~5.0cc

 

男性がヒアルロン酸施術を受ける部位

どのような部位にヒアルロン酸を注入するのかをご紹介します。

ほうれい線
男性のほうれい線の悩みにヒアルロン酸注入
女性だけではなく男性も加齢によってほうれい線が目立つのを気にするケースは多いです。ほうれい線はヒアルロン酸注入によって目立たなくすることができます。
ほうれい線は肌のたるみによって生じるものであり、ヒアルロン酸を注入して肌を押し上げることで改善できるのです。たるみのない引き締まった肌になるため若々しい姿を取り戻せます。
目の下のくまや目尻のしわ
目の周辺にくまやしわができてしまい老けて見られることを気にする男性は多いです。これらの症状についてもヒアルロン酸注入によって改善可能です。目の下にくまができる原因の一つは肌にくぼみができているからです。
くぼみが原因のくまであればヒアルロン酸注入によって解決することができます。ただし、色素沈着により目の下にくまができている場合はヒアルロン酸注入をしても効果がないため注意しましょう。
男性のくまや目じりのシワの悩みにヒアルロン酸注入
頬やこめかみにあるくぼみ
頬やこめかみなどにくぼみが生じているケースがあります。これらは肌のたるみが原因であり、ヒアルロン酸を充填することで改善できるでしょう。急激な減量などで頬がこけてしまったという男性が施術を受けるケースもあります。
ヒアルロン酸がしっかりと隙間を埋めてくれるため、肌にハリを取り戻せます。
顔の輪郭
全体的に肌がたるんでいる場合はあまり男らしく見えないです。そこで、ヒアルロン酸注入をすることで全体的にリフトアップすることができます。女性の場合とは異なりヒアルロン酸注入をする際に上手く調整することで男性らしい輪郭を整えられるのです。
たとえば、骨格を強調できるようにヒアルロン酸を注入することもできます。それぞれの希望通りにヒアルロン酸の量や注入する部位を調整してくれるのです。
男性の輪郭の悩みにヒアルロン酸注入

 

顔への注入が多いですが、豊胸施術や関節痛の治療などでもヒアルロン酸注入の施術が行われます。

知っておくべきヒアルロン酸注入での注意点とリスク

ヒアルロン酸注入をやってみて満足できなかった体験談としては下記のような症状を感じる場合があります。

  • 入れたヒアルロン酸がぼこぼこしている
  • 笑うとヒアルロン酸を注入した箇所が目立つ
  • 入れたヒアルロン酸の形が悪い
  • ヒアルロン酸注入で顔全体のバランスが悪くなった

クリニックによっては看護師が施術をすることもあるそうです。その場合には経験や症例をしっかり確認し、十分に納得をした上で施術を受けてください。できれば毎日のように注入系の施術を行っているドクターをおすすめします。

内出血のリスク
注入場所付近に内出血する場合があります。その色が見えなくなるまでに1~2週間がかかるケースもあります。

防ぐ方法としては、出来るだけ細い針を使用する、先が尖っていない針(マイクロカニューレ)を使用する方法があります。

壊死・失明のリスク
注入したヒアルロン酸が細い動脈に入り詰まってしまうことで血流障害が起こるケースがあります。人のカラダは動脈によって血液が運ばれ静脈・リンパ管を通って一巡していきます。動脈が詰まってしまうと組織に血液が行き届かなくなってしまうことにより、ひどい場合には皮膚の部分壊死が起こる可能性があります。
血流障害がもたらすのは皮膚への影響だけでなく、決して多くはありませんが国内・国外で失明の症例報告もあります。

防ぐ方法としては、先が尖っていない針(マイクロカニューレ)を使用する、少量ずつゆっくり注入するなどの方法があります。

ヒアルロン酸施術の流れ

ヒアルロン酸の施術自体は注入量にもよりますが30分程度です。

カウンセリングをして施術まで行っても1時間ほどで帰宅できるでしょう。

①カウンセリング

まずはカウンセリングを受けるところから始めます。カウンセリングの際には肌に対する悩みを聞かれるでしょう。そして、どのような仕上がりを望んでいるのか質問されるため、鏡を見ながら正確に希望を伝えてください。

ヒアルロン酸にもいろいろな種類があるため、どんなタイプのヒアルロン酸を注入するのかも一緒に話し合って決めます。施術について注意点の説明を受けることができ、疑問点はしっかり尋ねましょう。

②アイシングや麻酔クリームを塗布する
施術前の準備として洗顔・アイシング・麻酔などがある

顔への施術の場合は着替えは不要である場合がほとんどです。もしもメイクをしている場合にはカウンセリングの前後で洗顔が必要になるでしょう。

施術室も手術室のような感じではなく、歯医者の個室のような感じのクリニックが多いです。

針を刺すときに多少の痛みを伴う施術なので感覚を鈍らせるため、注入箇所をアイシングしたり、麻酔クリームや笑気麻酔を使用して準備をします。

注入針のサイズによっては麻酔をせずに施術することもあります。

③ヒアルロン酸注入
ヒアルロン酸注入の施術2

医師がヒアルロン酸注入を行います。あらかじめ肌にマーキングをしてから施術が実施されることが多いです。

注入する時間は1つの部位ごとにバランスを見ながら注入するなど10分程度かかります。十分に冷やしながら行ってくれるため、痛みや内出血などを防ぐことができます。

看護師が施術を行うクリニックもあります。実績や症例を確認するようにしてください。

④ダウンタイム
ヒアルロン酸注入後のダウンタイムに気を付けること

腫れなどは気にならないことがほとんどです。

ヒアルロン酸の注入は針を使うため、どうしても内出血するケースがあります。特に目の周りのような皮膚の薄い部分については内出血が目立つ可能性が高いです。ただし、内出血は1週間程度で消失します。女性の場合はメイクで隠せるくらいなので日焼け止めやコンシーラーをお持ちであれば使用して簡単に隠すことができるでしょう。

もし、大事な予定があり内出血が目立つと不都合があるならば、大事な予定のある1~2週間程度前に施術を受けることをおすすめします。

また、ヒアルロン酸施術をした当日に洗顔や入用をしても特に問題はありません。ただし、内出血している場合には、当日に激しい運動や入浴をするのは避けた方が良いでしょう。

注入部のマッサージはNGです。注入したヒアルロン酸の形が変形したりして不自然になることも。針注入による腫れが落ち着く1週間前後までは強い摩擦を加えないようにしてください。

ヒアルロン酸施術で知っておきたいポイント

後悔しないヒアルロン酸注入の施術をするために、事前に知っておきたいポイントがいくつかあります。

ボトックス注射とは何が違う?

出典・引用:湘南美容クリニック

ヒアルロン酸注射はシワの溝に対して注入してすき間を埋めるのが目的です。一方、ボトックス注射とは筋肉に働きかけることで表情シワを改善します。そのため、ヒアルロン酸施術とボトックス注射はまったく異なる作用で若返りを図るのです。

したがって、何もしなくてもシワができている部分にはヒアルロン酸施術をし、表情が変化したときにシワが生じるような部位にはボトックス注射が有効なケースが多いです。例えば眉間のシワ・おでこのシワ・アゴの梅干しシワなどです。

事前に医師の許可が必要なケース

下記のようなケースでは事前に医師から許可を受けてからヒアルロン酸施術をしましょう。

  • 免疫機能が低下している
  • 慢性的な感染がある
  • 麻酔薬へのアレルギーがある
  • 出血傾向がある
  • 真性ケロイド体質がある

医師の診断とカウンセリングで相談してから施術を受けましょう上記に当てはまらなくても不安があれば事前に医師の診断を受けることをおすすめします。また、体調が悪いときや怪我をしているときも避けた方が良いでしょう。できるだけリスクの少ない状況で施術を受けるべきです。

技術力や確かな実績のある医師の施術を受ける

経験豊富で症例が確認できるドクターを探すヒアルロン酸施術を行っているクリニックはたくさんありますが、男性専用の美容クリニックではまだ取り扱い数が多くないようです。しかし、ヒアルロン酸施術でキレイに仕上げてもらうために重要なことはきちんとした技術とノウハウのあるプロに対応してもらうことが大切です。
そのため、これからヒアルロン酸施術を受けたいならば、それぞれのクリニックやサロンについて、症例や実績を確認しておきましょう。
公式サイトやSNSを通じて知ることができるようになっていることがほとんどですが、実際にクリニックに行ってみてカウンセリングを受けてみてから施術を受けるかどうか判断して良いのではないでしょうか。

頬へのヒアルロン酸注入体験談

初めての美容外科、初めてのヒアルロン酸注入
福岡/33歳/男性

満足度: 5.0目の下を横に横断するゴルゴ線を解消するため、今年初めてヒアルロン酸注入を行いました。半年~1年間の維持できる種類のヒアルロン酸を両頬で1cc/約3万円で注入してもらいました。
ちなみに医療レーザー脱毛をしても注入したヒアルロン酸までは届かないので影響がないそうです!ヒゲ脱毛も問題なく継続可能でした。

初めてのヒアルロン酸注入な上、すごい痛がりですが、注入前のアイシングだけ麻酔なしでも予想していた痛みの30%くらいで拍子抜けしました。皮膚を突き破るときにチクっと痛いのと、顔のバランスを見ながら何度か違う箇所から注入されるので、不安な方は麻酔をお願いした方が良いかもしれません。自分は麻酔はなしで大丈夫だけど「目をつぶっていいですか?!」と先生に聞いて目を閉じて施術をうけました(笑)

正直、施術直後は効果がよくわからなかったんです。「頬の位置が上がってるかな?」「1ccだと変化はこんなものかな?」って。でもクリニックの鏡ではなく、いつも自分が見ている家の鏡や会社の鏡で見ていると、気になっていた加齢線が薄くなっていることが分かりました。

私の場合は先生の腕も良く、マイクロカニューレ使用だったので内出血なし、見た目のダウンライムは全くなし!4日間くらい頬に筋肉痛があるような感覚でしたが、それも自然となくなりました。1年後くらいにはまたカウンセリング受けたいと思います。

 

まとめ

男性であってもヒアルロン酸施術を受けるのは当たり前の時代になりつつあります。

ヒアルロン酸施術によって、肌のたるみやしわを取り除き若返ることができるのです。美容クリニックの施術の中ではヒアルロン酸の注入は、『切らない・時間がかからない・ダウンタイムがほぼない』という、どちらかと言えば簡単な施術です。

そのためか女優さんなどで「やりすぎ!」と言われている方もいますよね。何事もバランスが大事です。しっかりプロである美容クリニックのドクターと相談して、リスクの説明も受けて施術を受けるか決めましょう。

この記事で説明したポイントを参考にしてヒアルロン酸施術のカウンセリングを受けてみてください。