クレンジングの種類|自分に合う クレンジング とは?

 クレンジング の種類*
自分に合うクレンジングタイプとは?

メイクをする方には必須のアイテムであるクレンジング。

クレンジングといってもたくさんの種類があります。

クレンジングを選ぶにあたってはその人の肌質や生活スタイルも大きく関わってきます

例えば

オイリー肌 or 乾燥肌、ニキビができやすいかなどの肌質

アイメイクやリップメイクはしっかりするかなどのメイクの濃さ

メイクを落とす時間があるかないかなどの個人的な問題

シャワーや水場が使用できないなどの環境的な問題

などです。

肌質、どのようなメイクをするか、クレンジングにどれくらい時間をかけられるか、などもクレンジングを選ぶポイントになります。

最近はナチュラルメイクが主流であるため、クレンジングも”肌に優しい”タイプの方が人気があるようです。

しかし、するんと簡単にメイク落としができるオイルタイプもいまだ多くの方からの支持を得ているのも事実です。

せっかく種類豊富にあるクレンジングですから、自分の肌や生活スタイルに合ったアイテムを導入していきたいですよね!

クレンジングは”肌の状態”によって選ぶべき

“クレンジング”というと透明なとろみのあるタイプを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

おそらくそれは『オイルクレンジング』という種類のクレンジングです。

メイクによる油分や汚れを落とすにはその性質から水分だけでは落としたり洗い流すことは困難です。

そのため同様に油分を加えたものでメイクをなじみ浮かせてることで洗い流すことができるようになります。

実はこの油分と水分、界面活性剤の配分量などによってクレンジングの種類が分けられるのです。

クレンジングオイル

クレンジングミルク

クレンジングジェル

クレンジングリキッド

クレンジングクリーム

クレンジングバーム

水クレンジング

クレンジングシート

炭酸クレンジング

思い浮かぶクレンジングの種類を挙げてみるとこれだけあります。

さて、これだけあるクレンジングの種類いったいどのような違いがあるのかご存知ですか?

各種、各メーカー商品、それぞれ配合されている成分により一概には言えませんが、クレンジングタイプ別にその違いを見ていきましょう。

クレンジングタイプ別*クレンジング選び

 1. クレンジングオイル

洗浄力 ★★★★★ 
うるおい  
肌へのやさしさ ★★ 
手軽さ ★★★★

オイルクレンジングはクレンジングの種類の中でも洗浄力が高いタイプです。全量のうち50%以上がオイルで作られていることが多いです。また乳化剤も含まれています。

まさにメイク汚れをごっそり落とすためのもの。

ウォータープルーフの日焼け止めやポイントメイクもなんなく落とすことができます。指の腹でくるくると数回マッサージすればおおよそのメイクは落ちるため、肌を摩擦する回数としては少なくて済むのではないでしょうか。肌なじみの良いオリーブオイルやホホバオイルなどが使用されている商品も人気があります。

オイルなのでうるおい保持力もありますが、角質や毛穴の汚れまでしっかり落とそうとやりすぎると必要な皮脂や潤いまで根こそぎ洗い流してしまい、乾燥に繋がる場合もあります。

乾燥すると肌は過剰な皮脂を分泌てしまうという悪循環にもなります。

とはいえ、角質や毛穴に詰まった頑固な汚れも溶かして浮かし出してくれる優秀なクレンジングです。またお風呂場で濡れた手を使用できるものも多く、シャワーのときに手間がかからずにメイクを落とすことができるのもオイルクレンジングの特長です。

その洗浄力からその後の洗顔は不要としている商品もありますがオイルという特質上、ぬるぬる感が残っているように感じる方も少なくないですよね。

またマツエクをしている方は接着剤も洗い流してしまい持ちが悪くなるため使用を避ける方も多いです。

※商品によって異なります。

 💡 敵した肌質タイプ:オイリー肌、混合肌

2019年上半期クレンジングオイルのおすすめはこちら!

化粧用オリーブオイルのクレンジングオイル

創業60年を超えるオリーブの専門家である会社が厳選したスペイン産オリーブオイルに、国産のエキストラバージンオリーブオイルもプラスすることで美容液のようなオリーブオイルが完成。

オリーブオイルはヒトの肌成分に近いオイルであり、そのオリーブオイル100%でできているのが「化粧用オリーブオイル」です。

加齢や乾燥で弱った肌にも安心して使用できます。

何より、クレンジングだけではなく保湿のスキンケアにも。肌だけでなく傷んだ髪や爪に使用するのもおすすめです。

一切の添加物を配合していない純粋なオリーブオイル!

詳細へ▽万能オリーブオイルを購入するならこちらから

 2. クレンジングミルク

洗浄力 
うるおい ★★★★ 
肌へのやさしさ ★★★★★ 
手軽さ ★★

ミルククレンジングは水ベースで作られ、油分と界面活性剤も少なめに配合されている肌に優しいタイプのクレンジングです。とろみのあるテクスチャーでクレンジングをしても肌本来の皮脂や潤いを取り除きすぎないのが特長です。

そのため洗浄力はいまいちぱっとしませんが、しっかり乳化させればだいたいのメイク汚れは落とせるでしょう。ウォータープルーフのポイントメイクまでは落ち切れないことが多いので別途リムーバーを導入している方も多いです。部分的に異なるクレンジング方法を取り入れるのも最近の主流となっています。

メイク汚れ(油分)に水配分量が多いミルククレンジングをのせても「水と油」という関係性上、混ざり合わないためメイクを落とすことは困難です。
そこでミルククレンジングに含まれた界面活性剤などの乳化剤が手の温度や蒸気などにより乳化を助け、メイル汚れ(油分)と混ざりあうことができるようになりメイクを落とすことができます。このとき手が濡れていると乳化が上手く進みません。そのためお風呂場で使用するときには1度濡れた手をタオルで拭いたりしなければなりませんね。

オイルクレンジングと比較すると時間と手間がかかりますが、肌にも過度な刺激がなく万能型のクレンジングとも言えます。

※商品によって異なります。

 💡 適した肌質タイプ:乾燥肌、敏感肌

 3. クレンジングジェル

洗浄力 ★★★ 
うるおい ★★★★ 
肌へのやさしさ ★★★★ 
手軽さ ★★★★

まさにバランスの良さで選ぶ方も多いのがジェルタイプのクレンジング。

ジェル状なので最初は重めテクスチャーですがみずみずしい使用感で肌になじんでいくにつれオイルのようになめらかになります。そのため過度な摩擦は避けられます。かと言ってオイルクレンジングのようなべたつきもなく、アンチエイジング世代にも使用者が多いクレンジングタイプです。

ジェルクレンジングにもオイルカットタイプや油性クレンジングジェルなど種類が分かれます。ジェルクレンジングだからといってオイルフリーかと言われるとそうではありません。油性のクレンジングジェルでもオイルクレンジングと比較すれば油分が少ないためクレンジング力は劣ります。

またオイルカットである場合には界面活性剤の洗浄力によってメイク汚れを落とすことになりますから、一概に”肌に優しい””低刺激”とは言えません。界面活性剤の種類によるでしょう。

界面活性剤と言っても本当にたくさんの成分があり一概にも肌に悪いとは言えません。使用されている界面活性剤はアミノ酸系など低刺激なものが配合されている商品が多いです。

※商品によって異なります。

 💡 適した肌質タイプ:混合肌、乾燥肌、敏感肌

2019年上半期クレンジングジェルのおすすめはこちら!

KINULE(キヌレ)のジェル炭酸クレンジング

ジェルが肌に馴染んで、毛穴より小さなマイクロバブルが自ら発泡!

繊細で優しい泡なのに、「天然炭×重曹×炭酸」の効果でメイク汚れは綺麗に落としてくれます。毛穴汚れを掻き出すだけでなく、厳選された美容成分で開いた毛穴の引き締めまで効果が期待できます。朝には炭酸洗顔としての使用もおすすめです。

インスタでも多数紹介されていて20~60代の幅広い年代の方が愛用。

美容液をプラチナで包んで、肌の奥まで美容液を届けるというプラチナポーション製法が採用されているため、クレンジングしながらしっとり肌に。

今なら50%オフ以上の初回限定価格での購入が可能!

詳細へ▽50%オフ以上の初回限定価格で購入するならこちらから

 4. クレンジングリキッド

洗浄力 ★★★★ 
うるおい ★★ 
肌へのやさしさ ★★ 
手軽さ ★★★★

さらさらとした水のようなテクスチャーのクレンジングタイプがリキッド。それはオイルが含まれていない、もしくは少量だからです。リキッドクレンジングの商品にはオイルカットのタイプの商品が目立ちます。オイルが含まれていないため水をはじいたりすることがなく濡れた手でも使用しやすいです。お風呂場で一気に洗い流したい「時短」を求める方にはポイントが高いですよね。

リキッドクレンジングのメイク落としは界面活性剤の成分に頼っています。そのため洗浄力はオイルクレンジングの次点くらいにはなるでしょう。主成分が水と界面活性剤になるためメイク汚れ(油分)との馴染み方は良いとは言えませんが、ナチュラルメイクくらいなら十分のパワーがあります。オイルのぬるぬる感がなく、すっきりとした洗い上がりが期待できます。

界面活性剤は肌への負担も大きくかかるため、敏感肌の方は使用後にピリピリとした刺激を感じることがあるかもしれません。もちろん商品によって潤い美容成分なども十分に含まれていて、W洗顔も不要な場合は肌への負担は減らすことができます。

※商品によって異なります。

 💡 適した肌質タイプ:オイリー肌、混合肌

 5. クレンジングクリーム

洗浄力 ★★★ 
うるおい ★★★★★ 
肌へのやさしさ ★★★★ 
手軽さ 

界面活性剤よりも油分が多く含まれていることが多いのがクレンジングクリームです。クリーム状なので柔らかく肌に溶け込むようにしてメイク汚れになじんでいきます。マッサージと併用して使用できる商品もたくさん出ています。洗い上がりもつっぱらずにしっとりした印象を与えます。こちらもアンチエイジング世代に人気のあるクレンジングタイプです。

クレンジングに「さっぱり感」や「すっきり感」を求める方には向かないかもしれませんね。

急いでいる時や時間がない時にクレンジングクリームでメイクを落とそうとしても完全に落としきれないことも出てくるでしょう。またテクスチャーが重めのためしっかりすすがなければ毛穴や小じわに汚れと一緒に残ってしまうこともあります。ぬるま湯などですっかりすすいであげましょう。

ミルクタイプ同様、濡れた手で居ようするよりも乾いた手での使用を勧めています。

またクリームという形質上、蓋つきの容器に入れられていることが多いため面倒に感じる方もいるでしょう。商品にもよりますが、ツイッターで紹介されたことにより人気に火が付いたクレンジングクリームはポンプ容器に詰め替えても使用できるため、最初から詰め替え用を購入して100均などで購入したポンプ式容器に詰め替えて使用している方が多いようです。

乾燥が気になる方や普段からがっつりメイクをしない方は肌に優しいクリームタイプの使用をおすすめします

※商品によって異なります。

 💡 適した肌質タイプ:混合肌、乾燥肌、敏感肌

 6. クレンジングバーム

洗浄力 ★★★★ 
うるおい ★★★★ 
肌へのやさしさ ★★★ 
手軽さ 

クレンジングバームは最初は半固形のようなテクスチャーで、体温で溶けてオイル状になります。リップ―バームも同様ですね。

最初はクリームタイプのように厚みがあるため肌への刺激が少なく、次第にオイル状に溶け出していくことでメイク汚れを溶かし出して吸着してくれます。

オイルのうるおい保持力で洗い上がりはつっぱらず、しっとりとした手触りを実感できる商品も多いです。

肌に負担をかけすぎずにしっかりメイク汚れを落とすことができる万能型とも言えるクレンジングタイプ。

しかしバームなのでポンプ式やチューブ容器ではなく蓋つきの容器が主流です。そのため少し面倒に感じる方も多いでしょう。

また半固形→オイル状になるまで待てない”せっかちさん”や”さっと落としたい”という生活スタイルの方にも不向きかもしれません。

※商品によって異なります。

💡 適した肌質タイプ:オイリー肌、混合肌、乾燥肌

2019年上半期クレンジングバームのおすすめはこちら!

EGOIPSE(エゴイプセ)のクレンジングバーム

バームからとろけるオイルへ。エゴイプセがありのままの素肌に自信を取り戻すお手伝いをします。

手軽にメイクオフをしたい方にもおすすめです。

気になる毛穴のザラつきも「ソフトピールカプセル」という独自の構造が解消へとアプローチしてくれます。しっかり落としても潤い成分が95.4%も含まれているので洗い上がりはしっとり。

月刊フリーペーパーの「Poco’ce」にも掲載されたこともあり、予想を上回る人気で完売も。現在は6月分からの受付という人気ぶりです。

お得なコースを選べば初回限定で最大84%オフも可能!まだ6月分の予約に間に合います。

詳細へ▽最大84%オフでの購入を検討するならこちらから

 7. 水クレンジング

洗浄力 ★★★
うるおい ★★★ 
肌へのやさしさ ★★★ 
手軽さ ★★★★

最近よく聞くようになった水クレンジング。ビオデルマがその火付け役。

水のようなサラサラしたテクスチャーになっていて、化粧水のようにコットンに含ませて拭き取っていくことでメイクをオフしていきます。オイルではなく界面活性剤による洗浄力でメイク汚れを落とすためクレンジングリキッドと同タイプに分類されます。

その後の洗顔も不要でスキンケアに移ることができます。W洗顔による肌への負担や手間を軽減することができるので、オイルタイプから乗り換える方も多いでしょう。マツエクの接着剤は油分に弱いため、リキッドタイプを選べばその分持ちも良くなります

気になるのは拭き取りによる肌への負担。コットンに含ませる量が少なかったり落ちにくいからと何度もこすってしまうようなことがあれば肌を傷つけてしまいます。また界面活性剤による影響も少なからず受けます。

クレンジングシートと比較すれば確実に肌に優しいアイテムですが、肌が敏感になっているときには避けた方が良いでしょう。

※商品によって異なります。

💡 適した肌質タイプ:オイリー肌、混合肌、乾燥肌

 8. クレンジングシート

洗浄力 ★★★★
うるおい  
肌へのやさしさ  
手軽さ ★★★★★

クレンジングシートの良いところは手軽さ。さっと拭き取ることができるようにオイルタイプのクレンジングシートが一般的です。何度もこする必要がないようにオイルや界面活性剤もたっぷり入っているようです。

きれいに落とそうとすればやはり何度もシートを往復させるため肌への刺激も多くなります。

他のクレンジングタイプと比較しても肌への負担が大きいクレンジングシートでのメイクオフは毎日取り入れることは避けましょう

乾燥すれば小じわや毛穴詰まりの原因に。また小じわや毛穴詰まりによって溜まっているメイク汚れを落とそうとシートで強くこすってしまっては肌を傷つけてしまう可能性もあります。

しかしながら、ケースからワンプッシュでシートを取り出せてその場でささっとメイクオフできるのは本当に魅力的です。最近はオイルタイプでないクレンジングシート商品もあるので肌への負担が少なくなっているものもあります。

時間がない時や疲れている時のピンチヒッターとしての導入をおすすめします。

※商品によって異なります。

💡 適した肌質タイプ:オイリー肌、混合肌

 9. 炭酸クレンジング

洗浄力 ★★★★ 
うるおい ★★★★ 
肌へのやさしさ ★★★★ 
手軽さ ★★★★

専用の容器から泡で出てくる炭酸クレンジング。水の中に炭酸が含まれています。その細かい炭酸が毛穴に入りこんでメイク汚れを浮かせてくれます。また炭酸の刺激により血行が促進され、年齢とともに遅くなりがちなターンオーバーを正常化させてくれる効果も期待できます。

炭酸クレンジングはオイルフリーであってもメイクや毛穴汚れはきちんと落とせるという点にメリットがあります。オイルの洗浄力を借りなくても、微細な炭酸泡が毛穴の奥に入り込んで汚れを浮かせ外へ連れ出してくれます。濡れた手で使用できるのも嬉しいですね。

泡で出てくることでより素早く顔全体へ行き届いて、メイク(油分)となじんでいくため過剰な負担がかかりません。

ですが、炭酸泡によりオイルフリーでもメイクオフの機能はばっちりということになれば現在最も注目されているクレンジングアイテムであることにも納得できます。

炭酸クレンジングもW洗顔不要となっていますが、メイクオフ後に炭酸パックとしても使用できます。自宅で短時間、低コストでエステ気分と効果が味わえます

※商品によって異なります。

人気の炭酸クレンジングベスト3

💡 適した肌質タイプ:オイリー肌、混合肌、乾燥肌、敏感肌

 番外編. クレンジングスクラブ

洗浄力 ★★★★ 
うるおい ★★ 
肌へのやさしさ ★★ 
手軽さ ★★★★

アマゾンやアットコスメで口コミが良かったクレンジングをチェック!

ドラッグストアで1,000円以内で購入できるので試しやすいですね。

スクラブでマッサージしながらメイク汚れを落としていきます。水分を含ませるともこもこ泡のフォームにもなります。その後の洗顔も不要です。

頑固な毛穴詰まりも一緒に取り除いていくスクラブというだけあって肌への刺激は強め。敏感な時に使用する口回りなどが特にぴりぴりとした刺激を感じることがあります。毎日の使用では肌への負担が大きいかと思います。

しかし口コミが良いだけあって、使用感は「すっきりつるん」なのに「つっぱらない」という印象を受けました。

💡 適した肌質タイプ:オイリー肌、混合肌、乾燥肌、敏感肌

クレンジングの種類*まとめ

クレンジングタイプによっても大きく違いがあります。

またクレンジングタイプが同じであってもメーカーによってまた異なってきます。

クレンジングは”夜のスキンケアの第1ステップ”とも言えます。

アンチエイジングケア世代には気を抜けないアイテムでもあります。

 実は難しいクレンジング選び 

肌質によって選択するクレンジングタイプが違ってくるのは当然ですが、30代頃からは外的環境などにも影響を受けやすくなっていくため日々変化していきますよね。

今は本当に多くのクレンジングがありますから、 肌の状態や悩み、使用シーンで複数のクレンジングアイテムを使い分けするのも良い かもしれません。

クレンジングは人気な物や有名な商品で選ぶのではなく、肌の状態やメイクに洗浄力を合わせて選ぶことが大事です。

自分の”今の肌の状態”にぴったりのクレンジングを選択して、

そのあとのスキンケアがよい効果を発揮できる 肌の土台作り をしていきましょう。

クレンジングでアンチエイジング